拡張子を表示させる

あなたは、拡張子という言葉、聞いたことありますか?

拡張子とは、そのファイル(データ)の種類を一目で判別するための記号のことです。
例えば同じ「サンプル」というファイル名だとしても、種類が違えば・・・
・サンプル.txt (テキストファイル)
・サンプル.jpg (画像ファイル)
・サンプル.pdf (PDFファイル、この講座もそうです)
・サンプル.exe (実行ファイル、さっきのインストールの時に使いました)
などなど、拡張子も変わります。
.(ドット)以下が拡張子です。

で。この拡張子というものが、全てのファイルにはついているのですが、パソコンの初期設定ではそれが表示されないようになっていますので、ちょこっと設定をいじります。

それでは、はじめましょう。

手順1:マイコンピュータを開く(どこから開いてもいいです)

手順2:「整理」から「フォルダと検索のオプション」をクリック

※Windows XPのお使いの方は、「ツール」→「フォルダオプション」を選択してください。

手順3:「表示」タブをクリックし、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずし、最後に「OK」をクリック

以上です。簡単でしょ?
これで、あなたのパソコンの全てのファイルに拡張子が表示されたはずです。

では、確認の意味も込めて、最初のテストファイルを作りたいと思います。

関連記事

  1. 文字のフォントを指定する

  2. 新しいページを作る

  3. ページ全体を装飾する

  4. はじめに – 初めてWeb入門とは

  5. 縦方向にセルを連結する

  6. 自己表現ツールとしてのウェブサイト

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ