骨格を作る言語HTML

ウェブサイトは、すごく大雑把に言ってしまうと、二つのプログラミング言語から成り立っています。

その二つは、HTML(Hyper Text Markup Language)とCSS(Cascading Style Sheets)と呼ばれています。

この略語は全く覚える必要はありません。覚えてもらいたいのは、その役割です。

HTMLはウェブサイトの骨格(データ)を表し、CSSはデザインを描写します。
どういうことか。

この講座の最初で出てきた、ウェブサイトを見てみましょう。


こんな感じでしたね。これは、HTML+CSSで出来ています。
では、ここからCSSだけ抜き取ってみたいと思います。どうなるでしょうか?



こんなになってしまいました。味もそっけもないですね(笑)
これで、CSSがデザインを担う、ということの意味がわかったと思います。

そこで、このHTMLとCSSという言語をそれぞれ順番に勉強していきます。

この言語は、他のプログラミング言語と違い、驚くほど簡単です。
あなたがプログラムをやったことがなくとも、そのことが5分かからずわかると思います(笑)

それでは、始めましょう。


関連記事

  1. 最後に、ウェブサイトを公開する

  2. 入門を終えたあなたがプロ並みのウェブデザインを構築できるあらゆる理由

  3. 小見出しをつける

  4. 文字の色を指定する

  5. 自分で更新が可能になる

  6. “id”属性と”class”属性

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ