文法に則ったHTML記述

ここであなたは、疑問に思うかも知れません。

なんで、わざわざリストタグなんて使うの?と
改行すればいいじゃない、と。

つまり、

<ul>
<li>項目1</li>
<li>項目2</li>
<li>項目3</li>
</ul>


なんて、面倒くさいことをしなくても

・項目1<br>
・項目2<br>
・項目3<br>


これでいいじゃん。 ということです。

確かに見た目は、ほとんど同じ。違うのは●の大きさくらいです。
でも、やはり上で書くことが良いとされています。

なぜか。
その答えは、ウェブサイトを見るのは、人間だけではないからです。

さまざまな機械(プログラム)が、あなたのウェブサイトを見ます。もちろん、ブラウザを使ってみるのではなく、直接HTMLを、ですが。

例を挙げると、Yahoo!やGoogleが検索結果を表示する時には、あなたのサイトのソース(HTMLのコード)を覗きに来ます。それをみて、「リストだから、この3つの項目の重要度は並列だな」とか、「これは見出しだから重要だな」などと判断します。

また、CSSでデザインをする時もそうです。
で改行していただけでは、それはただの文字列ですが、

関連記事

  1. 小見出しをつける

  2. カラムという概念

  3. 改行をする

  4. 文字のフォントを指定する

  5. 骨格を作る言語HTML

  6. 文字のサイズを指定する

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ