“パス”とは

パス(path)という言葉があります。
パスとは、特定のファイルがどこにあるのかを示す文字列のことを言います。

この”パス”を、src=” ”の「” ”」へ入れることで、画像は表示されます。
例えば先ほどは、src=”pro_yahoo.jpg”としました。

ここで、新しい指定法をお教えします。
まず、今の「first_web」フォルダの中がどのようになっているのか見てましょう。

現在、「first_web」フォルダの中は、このようになっています。


ここで、パスという考え方の登場です。

index.htmlというファイルから見て、どこに表示したい画像があるのかを考えます。

例えば、pro_yahoo.jpgは、index.htmlと同じ階層(上の図で言う同じライン上)にあるので、そのまま、src=”pro_yahoo.jpg”と指定することができました。

では、index.htmlより一つ下の階層(上の図で言うひとつ右のライン上)にある、「images」フォルダの中の「pro_google.jpg」に指定する場合はどうでしょう?
この場合は、「src=”./images/pro_google.jpg”」と指定します。

このように、特定のファイルがどこにあるかを示す文字列のことをパスと言います(特に今回は、index.htmlから見て特定のファイルがどこにあるのかを相対的に考えているので、相対パスと呼びます。)

※相対パスと対になる言葉として、絶対パスというものもあります。ここでは触れませんが、興味のある人は、「絶対パス」で検索して調べてみてください。
※ひとつ下の階層に行くときには、「./フォルダ名/」としましたが、ひとつ上の階層に行くときには、「../」と表します。二つ上へ行く時には、「../../」とします。二つ上のフォルダの下にある「AAA」というフォルダの中の「file.jpg」を指定したい場合は、「../../AAA/file.jpg」とします。

この二つの※は、今は理解しなくても全く問題ありません。もし、より深い知識を得たい場合は、ここで一度に書くと煩雑としてしまいますので、もうひとつの講座で解説いたします。

では、相対パスにて、いま、Yahoo!の画像をGoogleに変えてみましょう。



簡単ですね。では、次も行きましょう。


関連記事

  1. 文字のフォントを指定する

  2. 最初のファイルを作る

  3. テストアップロードをしよう

  4. 改行をする

  5. 今までにやったことを用いて、コンテンツを装飾する

  6. ヘッダーを作成する

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ