代替テキストを表示する

代替テキストと言っていますが、要するに画像の注釈です。

で、これがどのような場面で使われるかというと、

・画像がリンク切れなど何らかの理由で表示されないとき
・画像の上にカーソルを合わせたとき
・検索エンジンが何の画像か判断するとき

のような場面で使われます。

視覚障害の人向けのウェブページを読み上げてくれるソフトなんかの場合でも用いられます。

例を作ってみました。




上の画像が表示されないとき、下がオンマウスのときのサンプルです。

では、やってみましょう。




関連記事

  1. 背景画像を設定する

  2. 新しいウィンドウでリンクする

  3. “パス”とは

  4. ページ全体を装飾する

  5. フッターを作成する

  6. 最初のファイルを作る

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ