表の概念

いきなりでびっくりすると思いますが、まずは、表(テーブル)のコードと表示例を出したいと思います。

<table border="1">
<tr>
<td>い</td>
<td>ろ</td>
<td>は</td>
</tr>
<tr>
<td>に</td>
<td>ほ</td>
<td>へ</td>
</tr>
</table>

こんな感じです。

<table>

で表であることを示し、

で段(行)が始まること、

で列が始まることを示します。

リストタグの時も、

<ul>

でリストであることを示し、

<li>

でそれぞれの項目を表しましたね。
それと同じ感じです。

図にしてみましょう。



わかりました?
こればっかりは慣れていくしかないと思うので、まずは実際に表を作ってみましょう。


関連記事

  1. さくらレンタルサーバーを借りよう

  2. ブロックのサイズを指定する

  3. “パス”とは

  4. 2カラムデザインを実装する

  5. 段落を意識する

  6. 画像を使わずにセンスある見出しを作る

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ