文字のフォントを指定する

h1 {
	color: #006600;
	font-weight: bolder;
	font-family: fantasy;
}

font-family: fantasy;がフォントを指定しています。

このCSSの「どうしたいか」の部分をいくつか紹介しましょう。

・sans-serif:ゴシック体
・serif:明朝体
・monospace:等幅フォント
・fantasy:装飾体
・curisive:手書き風

日本語の文字だと分かりにくいですが、英数字だとその違いがわかりやすいです。

また、これは見ている人のパソコンに入っているフォントの中から、CSSの指定に合ったものを選ぶ仕組みなので、見ている人それぞれで違う風に表示されている、ということが十分に考えられます。

例えば、


のように、「Web」の文字のフォントが顕著に変わっていますが、あなたのパソコンでもこのように表示されるとは限らないわけです。

今、style.cssと表示画面はこんな感じです。



関連記事

  1. 自分で更新が可能になる

  2. 背景画像を設定する

  3. 拡張子を表示させる

  4. 表の概念

  5. まず、画像を表示する

  6. 文法に則ったHTML記述

お手本ナビの無料HPデザイン

ランダムピックアップ